« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月28日 (月)

大会レポ(古本倶楽部ぱふ

「ゴッドなんて最初出てきたときはネタ止まりかと思ってたら
最近のヘヴィメタルやインドラ絡めた3神はめちゃめちゃ厄介ですね~」
土曜にうさぱさんとDM談義に花を咲かせていた。
「で、こんなん組んでみました・・・」
うさぱさんが取り出したのが赤白青カウンターマッドネス。
ヒャックメーとアントワネットを使ったマッドネスビートはよく使ってたけど
コイツは軽いロック要素が入ってる。
早速、俺の赤緑黒3神と対戦。
「むむむ、神様ともあろう者がビビって殴りに行けん・・・面白い!これ使わせてもらってもいいですか?」
「どうぞ、どうぞ~」
『ネタだからこそ強くなければ面白くない』を信条とするうさぱさんは
俺がDMにはまった頃からの師匠さまです^^

大会用に柔軟に対応できるようテルスルースなんかを入れて自分が使いやすいようにやや微調整。
決まるとド派手で面白いだろな~

続きを読む "大会レポ(古本倶楽部ぱふ"

| | コメント (0)

2008年4月27日 (日)

俺は両方好き♪

「今ロードライトデッキ組んでんねん」
今日、守の字と電話してたら言い出した。
「わはは、相変わらず『パーワー馬鹿』が好きやな~」

守の字はDRにも熱心に参加するけど、「ガチ」はあまり使いたがらず、
自分の気に入ったクリーチャーをフィニッシャーにした、いわゆる「ファンデッキ」が多い。
以前ソウルドルジのデッキを組んでるときも、
俺が色々ネットを渡り歩いて、自分で仮組みして一人回しして、
「守の字よ、ドルジはドルゲーザに突っ込んでサブフィニッシャーにするのが一番よさそうやで。」
なんて言ってみたけど
「・・・・でもそれじゃあドルゲーザデッキやし・・・」
と、あくまでドルジが切札じゃないと「面白く」ないようだ。
そういう観点で見ると守の字のDMに対するスタンスはカジュアルプレイヤーに近いかもしれない。
コスト踏み倒しもハンデス、ランデスも好きじゃないようであんまり使わないし。

守の字の付き合いでなんとなくやってみたデュエルマスターズ。
その奥深さに魅了され、一気にハマってしまったのは多くのおやぢデュエリストさんも同じだろう。
単に「強いデッキが勝つ」のではなく相手のデッキと思考を読む力、それによる柔軟なプレイング。
新しいカードが出る度に変わる「環境」への洞察力。
『たかが子供の遊び』と思ってたのに大の大人が全力出しても翻弄される奥深さ。
正直この歳になって真剣に取り組みたいと思わせられる趣味に出会うとは思わなかった^^;

大会に参加するようになると更にヒートアップ!!
ハイレベルなプレイヤーと対戦したり、ハイレベルプレイヤー同士の対戦を観戦したりする機会も多くなり、かなりの衝撃と刺激を受けた。

「デュエルとはこういうものなのか・・・」熱病にかかったみたいに。

土曜は守の字と会えないんだけど、レベルの高いプレイヤーのプレイングや構築を少しでも吸収して守の字に伝えたいと
一人でせっせとDRに通いまくった。

んで、守の字に会うたび
「今の環境は・・・」「で、そのメタが・・・」と熱く語ってた。
それがこれからの守の字の為になると思ってたし。

俺はもともと凝り性のせいか興味を持った事は何事もある程度究めないと気がすまない性格で、
DMもハイレベルなプレイヤーと交流が深まるほど
「ワイワイやるのも楽しいけど、やっぱり公認公式である程度の結果を出さなければ」と思い始めてた。
けど今思えば俺がそういう話に熱くなればなるほど、守の字はどこかしらけた顔になっていたと思う。

守の字用に当時トップメタだった除去コンやゲートサファイアを組んで渡してみたが、たいして興味を持たず、
マーズやランサーにこだわってDR参戦しては惜負をくりかえす守の字に少なからずヤキモキした時期があった。
(それでも一昨年の関西大会ではマーズでBEST16になったりしてびっくりしたけどww)

そんなある日、
「今度の殿堂でガーディアンが上がって来てるな。白牙にクリワイ積んでもっとピーキーに仕上げた方が・・・」
なんて言ってた俺に守の字ポツリと
「でも好きなカードが入ってないデッキで勝っても面白いかな・・・」
「あ・・」

守の字と二人だけでワイワイデュエルしてた頃の記憶が一気に噴き出した。

「俺の超切札、ヴァルボーグで勝負だ!!」
「なんのワシの超切札クリスタルランサーに勝てるかっ!!」

TCGにはいろんな面があるし、楽しみ方もそれぞれ。
守の字にとっては勝ち負けは二の次。
自分の好きなカードでフィニッシュを決められない勝利は
たとえ公式の勝ちであってもあんまり意味の無いものだったんだな。

守の字は勝ち負けにあまりこだわらない、のんびりした性格。
すごい執念で勝ちを取りに来る子供達を多く見てきたので
ついつい俺自身が方向性を見違えてたかもしれない。
そんな守の字の気持ちに気付いてあげられず、
俺の価値観やプレッシャーを押しつけかけていたのは、親のエゴだったかなぁと思う。
先日ケロロ軍曹さんのブログ「ケロっとデュエルマスターズ」を読んでて俺なりに思い返して反省する点がありました。
けどそう思うと自分の楽しみ方を通し続ける守の字を逆に頼もしく男らしく思えてきました。

もちろん「勝ちに」こだわってDM道を驀進する子供達に「もっと楽しもうよ」などと言うつもりは毛頭無い。
全国大会まで見据えて日々研鑚してる子供達の勉強量、練習量、精神力は並大抵のものじゃない。
尊敬に値するし、そんな我が子を応援するのに尽力いとわないお父さん方もすばらしい愛情の持ち主だと思う。

要は子供にとって何が大事なのか、何をプライドとして持たせてあげる事ができるか、ということ。
そして自分の子供がかわいいなら、それを取り巻く環境すべてを一点視野にならず広い視野に入れて考えてあげるべきだという事。
その中には少なからず他の人、特に子供達もかかわっているという事。

「面白さ」と「楽しさ」は同居し得ないという意見を聞きましたが、
「面白さ」を発見するにはまず「楽しさ」の礎があるはず。
最初に「楽しい」と思えないとその先に行こうとは思わないもんね。

でもその先の「面白さ」がわかったからといって、それまでの「楽しさ」を切ってしまうと、
首から上だけで生きてるみたいでつまらないと思う。

俺は大会上位で味わう頭の奥がキーンと鳴って毛穴総立ちのピリピリした感じの対戦が大好き。
けどフリーで守の字や子供達と「ドガーン!バコーン!うぎゃ~っ!」なんて言いったり
「あ、ちょい待って!今のナシ!」
「しゃーないな~。けど待ったは1回だけやで~次はないで~」なんて言いながら
わいわいデュエルするのも大好き。

両方味わえる俺は片っぽだけの人より、ちょっと得してる気分なわけです^^

| | コメント (6)

2008年4月24日 (木)

シャバの空気が・・・

うまいぜ~~!!
ちょっとがっくりきてしばらくオツトメ、いやもといw
入院してしまいました^^;
今週月曜にやっと出所いや退院ww

健康第一!皆様もお身体はくれぐれもお大事に。。。。
元気あってこそ楽しめるDMですからww(俺が言うなって?)

けど、ほんの2週間で浦島状態。
TVは毎日飽きるほど見れるので社会的にはまったく隔離された感はないですが、
ネット徘徊ができないのでDM関連の情報がポッカリ。
しかも15日をまたぐとなると・・・・

「戦国武闘会??有料公式???」

「クロスカードキャンペーンって殿堂カードじゃなくてもいいんだ^^;しかも出遅れたし」

「ぐえぇっ!入賞プロモが優勝者のみ?!マジすか。。。orz」
これはきびしいね^^; いままでみたいに
『かろうじて3位入賞でプロモGET』なんてぬるい事いえなくなった^^;

巻き添え喰らったのが、DR参加できなかった守の字。ごめんな~~

さぁさ、次の日曜からDR戦線復帰なわけですが、
そんなこんなでデッキケースの中にはまだまだ殿堂非対応デッキがwww
追い付けるのか?!

| | コメント (6)

2008年4月 9日 (水)

パラッパ~

パッパララ、パッパラ~

甘酸っぱい気持ちが噴き出す、日本人40代には特別な想いがはせてしまう名曲
「ビータースゥイートサンバ」
この曲の後に「こんばんは~」「いや~」「ども~」ってパーソナリティの声を聞かないと
夜は始まった気がしなかったですね~。

深夜ラジオ世代。。。。
んでも、今何を聴いてるかといえば「voiceわかやま」ww
デッキ組んでる時とか、全方位ながめてる時とか、いつも聴いてますww

20代のわかやまんさんが「スノーフェアリー萌え」を語るのは当然でしか^^。
でも俺も語っちゃう!w

「チャミリア萌え~~~!!」

そいや以前、守の字とトキくんが「どのカードが一番カッコイイ?」って話をしてる時、
「俺さぁ、足フェチやからチャミリア~~」っつって割って入って
「オイオイ大人の話は夜にさ・・・」ってバスキアさんから教育的指導受けたっけ^^;

HIT!マンと話しててもついついそういう話になっちゃいます。で、
「え?大の字さん、チャミリアのイラ替え知らないんすか~~??!!」
「マジ?!あんの?しらん?!」
「チャミリアがね、笑ってるんすよ~。構築イラストですよー」
「グッホ~~、俺としたことが~~!」

voiceわかやま」でも旬がごとくそんな話題が^^;

やっぱっい~!チャミアのイラ替え欲しいッス^^:

カードゲームっていろんな側面があるもんだけど、今回は超側面のお話^^;

| | コメント (7)

2008年4月 7日 (月)

デッキ

土日とDR参加して4位と3位。
どちらも楽しい大会で書きたい事が多いのに
ちょっとバタバタしてるんで、後日に^^;
替わりに今日は先週書きかけてたデッキ公開をば。。。。

続きを読む "デッキ"

| | コメント (0)

2008年4月 4日 (金)

徒然なるままに・・・

4月2日をもってFeさんのブログ「DM & DZ 徒然草」が閉鎖されました。
開設から約3年。長い間おつかれさまでした。。。

思えば俺がDMにハマりかけたのが2005年。
息子の守の字に付き合ってるうちに、
「これは想像以上に面白いぞ?!もしかしたら俺と同じ様なおやぢデュエリストがいるに違いない!!」
と思ってネットで「デュエル・マスターズ」「DM」「デュエマ」などで検索をかけてる内に
ヒットしたのがFeさんのブログでした。
語り口調は柔らかいくせに、勝負に熱い一本筋の通った決闘者のイメージに惚れてしまったものの、
ビギナーの俺はカキコもできず、ただただ更新を楽しみにしるだけでした。
(だって「ほ~、アクアンって奴は殿堂なのか~。そんな強ぇえか??」ってレベルでしたから^^;)

実際お会いしたのは一昨年の「おやぢOFF」
ショッカー戦闘員に扮して、汗まみれで子供達の相手をするFeさんを見て、
本当にブログ通りの『熱くて優しい』デュエリストだな~~!とますます惚れてしまいましたww

一度大阪に来られる機会があって、一緒にDRに参加したりバナナで遅くまでデュエルしたりして
柔らかな物腰の奥にメラメラと燃えるデュエル魂を見た時にはもっともっと惚れましたよ^^;
(その前のおやぢOFF後編壊れ「Feさん、エ○トーク爆裂!」は伏せておきますねww)

大人になると本音とタテマエができてきて、
いかに社会生活をうまく過ごすか、という頭になりがち。
名刺交換から始まった関係でも、腹を割るには相当な時間とエネルギーを使うし、
その労力に見合わなくて疲労だけが残ることだってある。

いい大人が利害関係無く本気で「奴を負かしてやろう!」と思い、
真剣に相手の心を読み、火花を散らす。
それが通じ合った時の爽快感。

まるで「夕焼け番長」のような・・・(ゴメン、若い子はわかんないねww俺も記憶がおぼろげだしww)

まるでジョーと力石のような・・・(これも古いなww)

まるで古代とガミラスのような・・・(んー、まだわかりにくいなww)

まるで悟空と天津飯のような・・・(これはOK?さすがDB。30年のギャップも埋めるな!w)

要は~~^^;
たかだか10分程度の対戦で、自分をさらけ出し相手の気持ちもウンと汲む。
それによって「なんてスゴイ、素敵、or、イカシた奴だ!」なんて想える敬愛感。
この歳になって「腹を割って付き合いたい!」と思う人に出会える幸運。

子供はまだこういうう感覚を掴むにはいたらないところがある。
けど、親の感情を感じる感覚は親以上なので、
自然と子供同士のコミュニケーションも潤滑に熱く強くなるように思う。
親子でDR参加されてる方の息子さんにはマナーやプレイに問題のある子はほとんどいないと思う。
彼らも上下の年齢を超えた好敵手を得て、成長する部分は大きいと思う。
(単独で参加してる小中高生に問題があるっていてる訳ではないですよ。
 面と向かって苦言を言った子もいますが、大勢は大人の俺から見てもカッコ良くスマートで愛すべきデュエリストです^^
 彼らと会い、年齢を超えた交流を深めれるのも素敵なことです^^
 それに、まさか40おやぢが十数人の10代の少年とメルアド交換をするとはwww)

Feさんに限らずですが、俺はこの歳になってこの先ず~っと付き合っていきたい人に
出会うなんて、そうそう思ってなかった。
それに息子とそのクラスメイト以外に、成長がとても気になり嬉しく頼もしく思えて、気にかけたい子供達が多くできた事にも嬉しく思う。
それもこんなに大勢、日本各地に。

そんなDMに関われた幸せと、奥深く導いてくれた(いや?俺が勝手についていった?)Feさんに
今はただ感謝の気持ちでいっぱいです。

Feさん、お疲れさま&ありがとうございました。
これで縁が切れるはずはないので、またお会いできる機会を楽しみにしてます。

「DMをやめるつもりは無い」と仰ってますが、ちょっと環境的に遠くなるのはしかない事。
次にお会いするときには近弾環境まで(題して『Feレギュレーション』)でどうでしょうか?^^

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »